"THE ART HOUSE" Exhibition Supported BY MyNavi 
https://thearthouse.jp/news/
February 6 - March 2,2024
Venue: MYNAVI ART SQUARE 

22F Kabuki-za Tower, 4 12 15 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 104 0061, Japan
open 11:00~18:00
https://artsquare.mynavi.jp


"THE ART HOUSE" Exhibition
Can the art be left behind 100 years from now?
This exhibition embodies the concept of "THE ART HOUSE," a documentary program currently being broadcast on NTV, which focuses on the process by which collectors find value in artists and their works and purchase them in order to "preserve the art 100 years from now.
We hope that visitors will take the time to savor and appreciate the artists and their works from the perspective of, "Will they be around for the next 100 years? In addition, visitors will have the opportunity to discover the value of the artworks and artists from the perspective of whether they can be preserved for 100 years, and to actually purchase them, just like the patrons and collectors who have remained in the history of Japan.
The works on display are actually created by the artists we have featured in our programs. Each visitor, with his or her own diverse values and tastes, will be asked to consider, from his or her own perspective, whether the artwork can be preserved 100 years from now. Through this experience, we hope that the people who are confronted with art will change.
The keywords of "MYNAVI ART SQUARE," the venue of the exhibition, are "encounter. Connect. Connecting. I hope that "THE ART HOUSE Exhibition" will be held in Higashi-Ginza, the center of Japanese history and culture, in sympathy with the keywords of "MYNAVI ART SQUARE," the venue of the exhibition.
We hope that the exhibition will be a place where visitors can immerse themselves in the world of artworks, contemplate the culture of 100 years from now, confront their own potential, encounter new ideas, and create new opportunities.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)






「 THE ART HOUSE 」展 Supported BY マイナビ 

2月6日~ 3月2日
会場: マイナビアートスクエア 
〒 104 0061 中央区銀座4 12 15 歌舞伎座タワー 22F
open 11:00~18:00


THE ART HOUSE展

そのアートは100年後に残せるか。
そのアートを100年後に残す」ために、コレクターが、アーティストと作品に価値を見出し、購入するまでのプロセスにフォーカスする、現在、日本テレビで放送中のドキュメンタリー番組「THE ART HOUSE」のコンセプトを体現した展覧会を開催します。

来場された皆様には、そのアーティストと作品を、100年後まで残せるのか?という視点で、じっくりと味わい感じていただき、さらに、歴史に残るパトロン、コレクターたちと同じように、その価値を見出し、実際に購入することも出来る場をご提供いたします。

展示される作品は、実際にこれまで番組でご紹介したアーティストたちが生み出したものです。お客様一人一人、様々な価値観や好みを持つ皆様ご自身に、それぞれの視点で「100年後に作品を残せるか」ということを考えていただく。この体験を通して、アートと対峙する皆様にも変化が起こるかもしれません。

会場となる「MYNAVI ART SQUARE」の掲げるキーワード「であう。つなぐ。ひろがっていく。」に共感し、日本の歴史と文化の発信地である東銀座で、「THE ART HOUSE展」が体現できればと思います。

アート作品の世界に浸り、100年後の文化に想いを馳せ、自身の可能性と向き合う、新しい発想と出会い、きっかけを生む場となりますように。


THE YEN CONNECTION


◆アーティスト名 

※五十音順、敬称略


新埜康平
池谷友秀
urayutaka
オオタキヨオ
大谷陽一郎
杉本憲一
高屋永遠
neuronoa / ニューロノア
野島渓
buggy
堀川由梨佳
松村咲希


◆会期

2023年12月5日(火)〜12月17日(日)
※営業時間:11時〜19時

◆会場

MEDEL GALLERY SHU
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目1−1 帝国ホテルプラザ2F


◆展示ステイトメント

明治時代以降、文明開化の波は西洋文化を通じて日本の生活様式だけでなく、国民の概念にも大きな変容をもたらしました。

この変容は、伝統的な日本文化にも深く影響を及ぼし、現代においては日本人の感性と知性によって昇華され、新たな日本文化が芳醇に育まれました。


本展示「THE YEN CONNECTION」の会場は、帝国ホテル「MEDERU GALLERY SHU」で開催され、その場所は日本を象徴する皇居に隣接した格式ある空間です。


会場では、多種多様なメディアや表現形式を持つ12人の現代アーティストの作品が展示され、絵画や彫刻などさまざまなアートフォームが融合しています。

そうした現代アートと厳かな調和と対比の中、来場者がアートに没頭できる環境が提供され、静謐で優雅、かつ多様性に溢れた視覚的体験をもたらします。

多様な色彩。独自の形状。解き放たれる思想。

これらの作品は、近代日本の社会における西洋文化と日本文化のクロスオーバーが生み出した多様性の「結晶」と捉えることができます。


この展示が、この時代に、この場所において実現することで、西洋文化と日本文化の新しい「縁」が紡がれ、アーティストや作品の背後に潜むストーリーや創作意図とともに、今を生きる我々に対して、深層に渡る感情や思索を探求する契機を提供し、現代の日本社会と自己の深遠な「繋がり」を再評価するための機会となることを期待しています。


////////////////////////////////////////

BREATH  TOMOHIDE IKEYA exhibition. presents by office Joe shishido 2023年11月30日(木)~ 12月5日(火)  ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座コリドー 〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-11 2F royalparkhotels.co.jp/canvas/ginzaco… Open Time 11:00~28:00(月~土) 11:00~22:00(日、祝日)  OPENING PARTY 11.30(木)17:00~ Omiki Bar(2F) VIP Entrance Fee:¥5500-(税込)  ART DEALER : Shie Murasaki OFFICE JOE SHSHIDO CO., LTD officejoeshishido.com


BREATH

TOMOHIDE IKEYA exhibition. presents by office Joe shishido 
31 Nov (Thu) ~ Dec 13 2023 (Wen) 


 THE ROYAL PARK CANVAS
GINZA CORRIDOR

2F 6-2-11 Ginza Chuou-ku Tokyo, 104-0061 
https://www.royalparkhotels.co.jp/canvas/ginzacorridor/


FREE ENTRANCE

OPENING PARTY 
11.30(Thu)17:00~ Omiki Bar(2F) 
VIP Entrance Fee:¥5500-(in TAX)

ART DEALER : Shie Murasaki 
OFFICE JOE SHSHIDO CO., LTD 
officejoeshishido.com



TOMOHIDE IKEYA exhibition. presents by office Joe shishido 
2023年11月30日(木)~ 12月13日(水) 

ザ ロイヤルパーク キャンバス
銀座コリドー
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-11 2F
https://www.royalparkhotels.co.jp/canvas/ginzacorridor/

Open Time 
11:00~28:00(月~土) 
11:00~22:00(日、祝日)

OPENING PARTY 
11.30(木)17:00~ Omiki Bar(2F) 
VIP Entrance Fee:¥5500-(税込)

ART DEALER : Shie Murasaki 
OFFICE JOE SHSHIDO CO., LTD 
officejoeshishido.com


icon CONTEMPORARY PHOTOGRAPHY 2023

■ 場所
AXIS Gallery
(東京都港区六本木5-17-1 4F)

■ 日時
[ 内覧会 ]
9/15(金) 18:00~21:00

[ 一般公開 ]
9/15(金) 12:00~18:00
9/16(土) 12:00~21:00
9/17(日) 12:00~21:00
9/18(月) 12:00~17:00


メタバース会場

https://www.spatial.io/s/icon-Contemporary-Photography2023-62ebcb4606d5040001db60cc?utm_source=%2Fspaces&share=5514685804890922308



前売り ¥1,200 / 当日¥1,500



出展者一覧

池谷友秀 / 磯部昭子 / 上野王香 / 内倉真一郎 / うつゆみこ / 大橋英児 / 大和田良 / 岡野慶 / 尾黒久美 / 金澤正人 / 菅実花 / 菊地良太 / 桑迫伽奈 / 小倉京樹 / 小瀬村真美 / 五味彬 / 渋谷美鈴 / 須崎祐次 / 鈴木萌子 / 高野勇ニ / 武居功一郎 / 丹野徹 / 地蔵ゆかり / 釣崎清隆 / 中村智道 / 七菜乃 / 西村祐馬 / 枦木功 / 平澤賢治 / 藤倉翼 / 本間理恵子 / 舞山秀一 / 美島菊名 / 水谷イズル / 宮原夢画 / 武藤裕也 / 藪崎次郎 / 山内悠 / 山元彩香 / 横山隆平 / ARISAK / Hajime Kinoko / HASEO / Kentaro Takahashi / Masumi Shiohara / Michael Hitoshi / PHOTOGRAPHER HAL / RASIKI / SOLENE BALLESTA / Zohre Miha


Location
AXIS Gallery
(4F, 5-17-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo)

Date and time
[ preview ]
9/15 (Fri) 18:00~21:00

[Open to the public ]
9/15 (Fri) 12:00~18:00
9/16 (Sat) 12:00~21:00
9/17 (Sun) 12:00~21:00
9/18 (Monday) 12:00~17:00


Metaverse Venue
https://www.spatial.io/s/icon-Contemporary-Photography2023-62ebcb4606d5040001db60cc?utm_source=%2Fspaces&share=5514685804890922308


Advance ¥1,200 / Door ¥1,500
Click here for tickets


List of Exhibitors
Tomohide Ikeya / Akiko Isobe / Ohka Ueno / Shinichiro Uchikura / Yumiko Utsu / Eiji Ohashi / Ryo Owada / Kei Okano / Kumi Oguro / Masato Kanazawa / Mika Suga / Ryota Kikuchi / Kyana Kuwasako / Kyoki Ogura / Mami Kosemura / Akira Gomi / Misuzu Shibuya / Yuji Suzaki / Moeko Suzuki / Yuni Takano / Koichiro Takei / Toru Tanno / Yukari Jizo / Kiyotaka Tsurisaki / Tomomichi Nakamura / Nanano / Yuma Nishimura / Isao Yariki / Kenji Hirasawa / Tsubasa Fujikura / Rieko Honma / Shuichi Mayama / Kikuna Mishima / Izuru Mizutani / Yumega Miyahara / Yuya Muto / Jiro Yabuzaki / Yu Yamauchi / Ayaka Yamamoto / Ryuhei Yokoyama / ARISAK / Hajime Kinoko / HASEO / Kentaro Takahashi / Masumi Shiohara / Michael Hitoshi / PHOTOGRAPHER HAL / RASIKI / SOLENE BALLESTA / Zohre Miha






BEYOND THE AGES/PORTRAIT

This is a collaborative exhibition of portraits by 13 contemporary photographers and world masters such as HELMUT NEWTON, ANDY WARHOL, MAN RAY, ROBERT MAPPLETHORPE, and many more. We look forward to your visit.

Saturday, May 20, 2023 - Friday, June 9, 2023

HELMUT NEWTON, ANDY WARHOL, ROBERT MAPPLETHORPE, MAN RAY, BETTINA RHEIMS, LEWIS MORLEY, etc.

Misato Kurimune
NORIKO YABU
TOMOHIDE IKEYA 
Daisuke Takakura
Shinichiro Uchikura 
PHOTOGRAPHERHAL 
Kenji Hirasawa 
Muga Miyahara
Rieko Honma
Misuzu Shibuya 
Nananano 
Kohei Fukushima 
Issen Tanaka

Sansiao Gallery  
B1F Sanseo Building, 3-2-9 Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo
http://www.sansiao-gallery.com
03-3275-1008/1019
Tuesday-Saturday 12:00-19:00
Closed on Sundays, Mondays and national holidays




13名のコンテンポラリーフォトグラファーとHELMUT NEWTON, ANDY WARHOL, MAN RAY, ROBERT MAPPLETHORPE,など世界の大巨匠とのポートレートのコラボ展です。ご高覧よろしくお願い致します。

2023年5月20日(土) – 6月9日(金)

HELMUT NEWTON, ANDY WARHOL, ROBERT MAPPLETHORPE, MAN RAY, BETTINA RHEIMS, LEWIS MORLEY, 他

栗棟美里
薮乃理子
池谷友秀 
高倉大輔 
内倉真一郎 
PHOTOGRAPHERHAL 
平澤賢治
宮原夢画
本間理恵子 
渋谷美鈴 
七菜乃 
福島耕平
田中一泉 

Sansiao Gallery
東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F
http://www.sansiao-gallery.com
03-3275-1008/1019
火曜日-土曜日 12:00-19:00
日曜日・月曜日・祝日 休廊


3LFTN apartment'20th


TRIO EXHIBITION

CRUXCLIQUE

NEURONOA / OTA KIY00 / TOMOHIDE IKEYA

4/28~5/7

3LFTN apartnt

https://www.instagram.com/3lftn_apartment/

15-1 Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Shibuya PARCO 7F

東京都渋谷区宇田川町15-1
渋谷PARCO 7F
12:00〜19:00






Group exhibition
"Chapter 2"

2023/05/01 - 2023/05/20

【Opening hour】
Tuesday - Friday 12:00 - 18:00

Saturday - 10:00 - 15:00
Close : Holiday, Sunday and Monday
土日祝休み

【Artists】
Tomohide Ikeya / Moeko Suzuki / Ryo Ohwad / Tanno Toru
                  Kiiro / Hidekazu Miyama / Kana Kuwasako / Jiro Yabuzaki

池谷友秀 /  大和田良 
Kiiro  / 桑迫伽奈 
鈴木萌子 /  丹野徹
舞山秀一 /  藪崎次郎 

KEN FINE ART

OPENING HOURS

Tuesday - Friday 12:00 - 18:00

Saturday - 10:00-15:00
Close : Holiday, Sunday and Monday

*During exhibition periods 

ADDRESS

〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町3-2-12 春海ビル 2F

2F Harumi bldg., 3-2-12 Fushimimachi,Chuo-ku, Osaka-City, Osaka, Japan, 541-0044


BEYOND THE AGES/PORTRAIT

PART 1. 2023.4.8.SAT. - 4.29.SAT. 12:00-19:00 日・月・祝休廊


池谷友秀, 高倉大輔, 内倉真一郎, PHOTOGRAPHERHAL, 平澤賢治

宮原夢画, 本間理恵子, 渋谷美鈴, 七菜乃, 福島耕平, 田中一泉

HELMUT NEWTON, ANDY WARHOL, ROBERT MAPPLETHORPE, MANRAY, BETTINA RHEIMS

FRANCESCO SCAVULLO, HORST P. HORST, LEWIS MORLEY, SID AVERY 他


PART 2. 2023.5.20.SAT. - 6.9.FRI. 12:00-19:00日・月・祝休廊


池谷友秀, 高倉大輔, 内倉真一郎, PHOTOGRAPHERHAL, 平澤賢治

宮原夢画, 本間理恵子, 渋谷美鈴, 栗棟美里, 七菜乃, 藪乃理子, 福島耕平, 田中一泉

HELMUT NEWTON, ANDY WARHOL, ROBERT MAPPLETHORPE, MANRAY, BETTINA RHEIMS

FRANCESCO SCAVULLO, HORST P. HORST LEWIS MORLEY, SID AVERY 他




◆ PARTI、PART 2 共に、初日の17:00~19:00にオープニング・レセプションを行います。

国内外で活躍中の13名の PHOTOGRAPHER がそれぞれの思いを込めて撮り下ろしたポートレート作品

+世界のPHOTO MARKET(SECONDARV) で確固たる地位を続いている PHOTOGRAPHER のポートレート作品との、

展示タイトルのごとく、まさに時を越えてのコラボ展示となります。

ぜひご高覧ください。


#: LEWIS MORLEY 'CHRISTINE KEELER, 1963 ED: 8/10 93 × 118 cm dicital print on canvas


Sansiao Gallery
東京メトロ銀座線・東西線日本橋駅B3出口より徒歩1分
TR 東京駅八香洲口より徒歩3分
Tel: 03-3275-1008
Mail: info@sansiao-gallery.com

日本テレビ「THE ART HOUSE」出演いたします。
1月31日(火)1:59~

https://thearthouse.jp


YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCeEZn2oD9PACmipy8QpBKNw/featured




ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM パラリンピック」


https://wod.wowow.co.jp/simulcast/Prime/1-191-11052

2023年1月8日(日)より放送開始のドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM パラリンピック」より、

鳥海連志選手のドキュメンタリーに少し出演しています。

とても素晴らしいドキュメンタリーなので是非見てください!


1月22日(日) 10:00~
2月10日(金) 21:10~
2月16日(木) 22:00~
[WOWOWプライム] [WOWOW 4K] 
放送後にオンデマンド配信予定
ナビゲーター&ナレーター:西島秀俊
音楽:梁邦彦

2023年1月22日(日)午前10:00~ [WOWOWプライム] [WOWOW 4K] 
放送後にオンデマンド配信予定
ナビゲーター&ナレーター:西島秀俊
音楽:梁邦彦




メイキング映像
https://youtu.be/ctwnvYpaEPI




2022年10月1日(土)〜10月16日(日)

平日 12:00-19:00 / 土日祝・最終日 12:00-17:00


ヴァニラ画廊

東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2

03-5568-1233



◆参加作家

髙木智広/池谷友秀/キジメッカ/KCN/Cosmic Debris(Emily the Strange)/櫻井結祈子/髙橋美貴/立花奈央子/千葉和成/猫将軍/福山フキオ/松岡ミチヒロ/山本翔/横野健一





芸術は、鏡ではなくハンマーである。
芸術は、世を反映するのではなく、形作るのである。

- トロツキー『文学と革命』より


感染症の拡大という思いがけない災難が訪れて、早3年が経ちました。
目には見えないものの力で、日常がことごとく破壊され、終わりが見えない混沌の最中にある中で、アーティストたちは何を目撃し、何を信じ、そしてどんな世界を生み出すのでしょうか。16名の作家による、作品の展示・販売を行います。
油彩、陶芸、彫刻、デジタルアート等多彩な手法でこの世を象り、再生への道筋を示します。

◆展覧会「Breath in the End World」開催によせて
この世界の終わりを見てみたい。そんなことを思ったことはないだろうか。
台風や雷を怖いと思いながらもワクワクした幼い頃。非日常的な災害のニュース映像につい魅入られてしまう。
怪獣が街を壊したり、宇宙人が攻めてきたり、戦争や天変地異による終末を描く映画が作られ続ける。
当事者ではなく傍観者として世界の終わりを見ることによって自分が安全な場所にいて平和に生きていることを実感出来る。
バーチャルな世界の終わりもまた娯楽であった。新型コロナウイルスが蔓延して世の中は一変した。
街からは人が消え、多くの失業者が出て、マスク生活はもう3年目にもなる。空港は閉ざされ世界は分断された。
変異するウイルスに翻弄されながら徐々にこの暮らしに慣れつつあるものの、終わりの見えない不安は未だ消えない。
当事者として見る世界の終わりとはどんな景色なのか。
終わりとは何なのか。それは己の命が燃え尽きることか、肉体が朽ちることか、大切なものを失うことか、真っ暗闇か… 
だんだんと自分という概念が消えていくことは心地よくも感じ、恐ろしい。
このような暗黒の時代は長い歴史の中で幾度となく訪れ、芸術家はその時代に感じたことを作品に投影した。
ブリューゲルはペストの流行を死の勝利という絵に描いた。
それは現在の私達にはとてもリアルに感じられる。ピカソのゲルニカやフジタのアッツ島玉砕などは戦争の悲劇を伝え続けている。
あるいは直接悲劇を描かなくともルドンの夢想的な絵はその時代の不穏さを伝える。
芸術作品は時代の鏡なのである。
今の時代に何を作るべきか。
この「世界の終わり」の展覧会ではこの時代を生きる作家たちが感じたリアルを展示します。

(髙木智広)



Special Collection

フェリシアン・ロップス(協力:Gallery Lucifer)/フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン


 
Solo Exhibition 
REPEAT

日程 
2022年9月22日(木)〜9月28日(水)
10:00-19:00



Monkey Gallery
東京都渋谷区猿楽町12-8

10:00〜19:00(不定休)
TEL 03-3464-3766(平日10:00〜18:00)



Access
12-8 Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo

10:00-19:00 (irregular holidays)
tel 03-3464-3766 (weekdays 10:00-18:00)


supported by MONKEY GALLERY D.K.Y





「icon CONTEMPORARY PHOTOGRAPHY II」

六本木アートナイト2022の参加プログラムとして50名の写真家によるコンテンポラリーフォトのグループ展、

「icon CONTEMPORARY PHOTOGRAPHY II」を開催します。

新しい写真表現の可能性をご覧ください。リアル展示に加えてAR等のバーチャル展示も行います。


   内覧会 : 9.16(金)12:00~19:00

一般公開:9.16(金)12:00~19:00

          9.17(土)12:00~22:00

          9.18(日)12:00~22:00

          9.19(月)12:00~17:00


<主な出展作家>

池谷友秀 / 上杉敬 / 薄井一議 / 内倉真一郎 / うつゆみこ

大和田良 / 岡野慶 / 小山田邦哉 / 片山真理 / 菊地良太

栗棟美里 / 桑迫伽奈 / 古賀勇人 / 小寺創太 / 五味彬

塩原真澄 / 渋谷美鈴 / 須崎祐次 / 鈴木一成 / 鈴木のぞみ

須藤絢乃 / 髙倉大輔 / 田口るり子 / 武居功一郎 / 丹野徹

鶴巻育子 / 殿村任香 / 中澤有基 / 永田陽一 / 中藤毅彦

七菜乃 / 平澤賢治 / 藤倉翼 / 本間理恵子 / 舞山秀一

牧野智晃 / 宮原夢画 / 武藤裕也 / 藪崎次郎 / 藪乃理子

山元彩香 / 横木安良夫 / 横山隆平 / 吉田多麻希 / ヨシダナギ

A R I S A K / H A B U / H a j i m e K i n o k o / H A S E O

J o j i S h i m a m o t o / K i i r o / M a k o t o K a m i y a

P H O T O G R A P H E R H A L /S o l e n e B a l l e s t a / Z I G E N


会場:AXIS Gallery

(東京都港区六本木5-17-1 4F)

料金:前売り ¥1,200 / 当日 ¥1,500

主催:任意団体icon

助成:ARTS for the future!2-文化庁


チケット購入サイト

https://icon-105509.square.site



メタバース展示
https://spatial.io/s/icons-Hi-Fi-Hangout-62ebcb4606d5040001db60cc?share=5514685804890922308



website
http://icon-channel.com/icon-contemporary-photography-ii/


https://icon-channel.com

問い合わせ:

E-mail:info@icon-channel.com


ART OSAKA

ART OSAKAに Masayoshi Suzuki Gallery より出展いたします。


開催日時:2022.7.8 (金) ─ 7.10 (日)

  プレビュー

   8日(金) 13:00 ─ 20:00

   ※招待者、プレス関係者のみ

  一般公開

   9日(土) 11:00 ─ 20:00

   10日(日) 11:00 ─ 17:00

会場:大阪市中央公会堂 3階

(大阪市北区中之島1-1-27)





BREATH & WAVE 池谷友秀展


11. Jun(Sat) - 26.Jun (Sun)


Open :12:00~19:00

Close : Tue. Wed.

Masayoshi Suzuki Gallery

1F STAGE BLD 2, 3-20 Koseidori Minami, Okazaki-shi, Aichi, Japan

愛知県岡崎市康生通南3-20 STAGE BLD 2 1F

masayoshisuzukigallery.com



正.午12 時~午後7 時/毎週火・水曜日休廊














FutureLabo Presents「池谷友秀展〜記憶/remembrance〜」




本展覧会は 私の「OCEAN」と「BREATH」の二つのシリーズから構成しています。
OCEANは海の記憶や水の循環を表現し、
BREATHは水中での呼吸できない人間を撮影することで生命力を

表しています。
この二つを並べることで、人類の可能性を感じられるのではないかと思っています。


11/13〜28


Yoseido銀座店

東京都中央区銀座4丁目5−1 聖書館ビルB1F

https://yoseidojp.com


11/23にはヤマダアオイさんによるライブパフォーマンスもあります




This exhibition is composed of my two series, "OCEAN" and "BREATH".
OCEAN expresses the memory of the sea and the circulation of water, and
BREATH represents life force by photographing people who cannot breathe underwater.
BREATH represents life force by photographing people who cannot breathe underwater.
I believe that by putting these two together, we can feel the potential of humanity.



November 13 - 28


Yoseido Ginza Store

B1F Bible Museum Building, 4-5-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo

https://yoseidojp.com
















FotoNostrum マガジン掲載されました。

新作1点を含む10点の作品とインタヴューが掲載されています。

是非ご覧ください。


It was published in FotoNostrum Magazine.

It features 10 works including one new work and an interview.


https://www.fotonostrummag.com


My work was used on the cover of the Monaco d'art & de culture magazine.
モナコのアート&カルチャー誌のカバーに作品が使われました。


Exhibition
Paradise Lost ~楽園の喪失~

7/21~7/29/2020


Vanilla Gallery
Tosei Bldg.B2F,8-10-7,Ginza,Chuuoh-ku,Tokyo
tel : 03-5568-1233
Email : info@vanilla-gallery.com
http://vanilla-gallery.com 





BSフジ「ブレイク前夜」にて紹介されました。


YouTubeでも観ることができます。




Japón y el agua: Estudios de patrimonio y humanidades 
(Colección Federico Torralba de Estudios de Asia Oriental)
 (Spanish Edition) 

Japan and Water: Heritage Studies and Humanities
It is published in
Prensas de la Universided 
Universidad Zaragoza

Japan and Water: Heritage and Humanities Studies is a collection of recent interdisciplinary research on the role of water in Japanese culture, arts and literature. The first part of the book, dedicated to the literary field and translation, presents studies that focus on prominent Japanese writers such as Ichiyō Higuchi, Fumiko Enchi and Yōko Tawada, complemented by commentaries on some works by Western writers inspired by Japan, such as Enrique Gómez Carrillo and Julia Kristeva, also by the musician Hans Werner Henze. In the field of art, topics as varied as engraving, ceramics, photography, painting and animated film are dealt with, with artists who have stood out for their powerful symbolic and visual treatment of water, such as Katsushika Hokusai, Ikeya Tomohide, Fujiko Nakaya, Shinichi Maruyama, Hiroshi Sugimoto, Tomoko Sauvage, Chiharu Shiota and Hayao Miyazaki.


日本と水。遺産と人文学研究』は、日本の文化・芸術・文学における水の役割についての最近の学際的研究をまとめたものである。最初の部分では、文学と翻訳の分野に特化して、樋口一葉、円地文子、多和田陽子などの日本の著名な作家に焦点を当てた研究を紹介し、さらに、エンリケ・ゴメス・カリリョやジュリア・クリステヴァ、音楽家のハンス・ヴェルナー・ヘンツェなど、日本に影響を受けた西洋の作家の作品についての解説を加えています。美術の分野では、彫刻、陶芸、写真、絵画、アニメーション映画など様々なトピックを取り上げ、葛飾北斎、池谷友英、中谷芙二子、丸山信一、杉本博、ソーバージュ智子、塩田千春、宮崎駿など、水を象徴的かつ視覚的に力強く扱ってきたアーティストを紹介しています。





Exhibition
水龍蛇


7/26 (Fri.) - 8/4 (Sun.)
12:00 - 20:00(入場無料)
Last Day - 18:00 / Closed on 7/29 (月)


Reception Party:7/26 (Fri.) 18:00 - 20:00


TOKYOARTS co.,ltd.
Address   : 2-23-8 Higashi, Shibuya, Tokyo 150-0011 JAPAN
TEL      : +81-3-6427-6665
〒150-0011 東京都渋谷区東2-23-8
03-6427-6665 
info@tokyoarts.com
12:00-20:00 / 月曜日休廊 


 
We are pleased to announce the photo exhibition "Water Dragon Snake" by the photographer  Tomohide Ikeya at the tokyoarts gallery.
Human beings were born and protected in the water (amniotic fluid). About 60% of our bodies are made of water. Water is essential since it was born, and what was the most important thing leads to the faith of the water god. On the other hand, since the time of Jomon, snakes were considered to be the gods of water, or gods themselves. Therefore, it may seem as though it was a chance to have started shooting in the water, but it is also a manifestation of a desire to return in the womb, and his own approach to God may be .


この度、tokyoarts galleryにて、写真家 池谷友秀のPhoto exhibition「水龍蛇」を開催致します。
人間は水の中(羊水)に生まれ、守られてきた。我々の身体もおおよそ6割は水でつくられている。生まれた時から水は必要不可欠であり、最も大切な存在だった事が水神信仰へとつながる。一方で縄文の時代より蛇は水の神の使い、或は神そのものと思われていた。従って、水の中での撮影を始めたのは偶然であるかのように感じているかもしれないが、それは有る意味で胎内回帰願望の現れでもあり、神への彼なりのアプローチかも知れない。
EXHIBITION Japanese Nudes March 15 till September 8, 2019


EXHIBITION

Japanese Nudes


March 15 till September 8, 2019

From 15 March to 8 September Japanese Museum SieboldHuis will present the exhibition ‘Japanese Nude’. This exhibition illustrates the development in Japanese nude photography from the 19thcentury to the present. The works of over 30 top photographers, including Araki Nobuyoshi, Moriyama Daido, Hosoe Eikoh, Izu Kenro and Honjo Koro reveal their artistic vision of nudity. Foreign influence and changing perceptions in Japanese society on gender, nudity and sexuality are on display in over 120 photographs.

Japanmuseum SieboldHuis

Visitors address
Rapenburg 19
2311 GE Leiden

Postaddress

Postbus 11007
2301 EA Leiden
https://www.sieboldhuis.org
Phone: 071-5125539
Fax: 071-5128063
Email: info@sieboldhuis.org

Exhibition "MOON"
 2019 Jan 22(Thu)〜 Feb3(Sun)



Japanese photographer Tomohide Ikeya captures the world in which humans blend with the territory of impenetrable underwater. His magnificent dreamy works, which extend the freedom of expression, are highly acclaimed both domestically and internationally.
The main theme of this exhibition “MOON” is based on an artwork he has been working on since 2009. The exhibition features works, including new ones, that mysteriously express lives floating with an ever-changing flow of time.
Pieces from “WAVE” and “BREATH” series, etc. are also displayed to provide an overview of the scenes of beauty that Tomohide Ikeya eagerly pursued for over 10 years.

Vanilla Gallery
Tosei Bldg.B2F,8-10-7,Ginza,Chuuoh-ku,Tokyo
tel : 03-5568-1233
Email : info@vanilla-gallery.com
http://vanilla-gallery.com 



写真家の池谷友秀は、水中という不可侵領域と溶け合う人間のすがたを捉えた世界を写し出します。その表現の可能性を広げる幻想的で荘厳な作品は、国内外で高く評価を受けています。
今回の展示のメインテーマ「MOON」シリーズは、2009年ころから取り掛かっているアートワークの一つです。刻々と変化していく時間と流れとともに、生命が漂う様子を神秘的に表した新作を含めた作品を展示いたします。
また、展示構成に「WAVE」「BRETH」シリーズなども一部加え、池谷友秀が10年以上に亘り、太極を宿す美の有り様をひたむきに追求した軌跡を、俯瞰してご覧いただけます。

ヴァニラ画廊
〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
tel : 03-5568-1233
Email : info@vanilla-gallery.com
http://vanilla-gallery.com

◆池谷友秀 展覧会記念特別アーティストトーク◆
池谷友秀展「MOON」開催を記念したトークイベントを開催します。
池谷友秀氏のトークのお相手には、池谷作品のモデルも務めた歌手の村田千沙さん、長年に亘り作品モデルのメイクを担当するアートディレクターでありメイクアップアーティストのクワハラヒロト氏をお招きし、クリエーターの視点から、池谷友秀の作品の魅力を読み解きます。また、村田千沙さんのスペシャルミニライブも開催します。
チケットは必ず事前にlive pocketにてご購入ください。

チケット購入
One Art Taipei


19/Jan/2019 〜 1/21

http://onearttaipei.com
preview: 1/18 13:00-15:00
From ELSA ART GALLERY
http://elsaart.com.tw




池谷友秀写真展 『BREATH』

【開催】
12月9日〜12月23日(木、金、土、日の13:00~19:00 OPEN)

【会場】
ダンスハウス黄金4422 3階


国際的に活躍するフォトグラファー・池谷友秀の『BREATH』シリーズが、名古屋に初上陸! 数多くの国内外で活躍するダンサーをモデルとして起用している同シリーズ。
漆黒の世界で、真珠のような水泡を身にまとい、重力から解き放たれた人体が躍動する。。。
シリーズ「BREATH」は、様々な境遇にある人達を、無音で自由のきかない水中で撮影することで、強さや弱さな どの生命力を引き出し、人間の根源に迫るシリーズです。 なぜ水中で撮影をするのかというと、水中では邪念や無駄な動きがはぶかれ、肉体と精神の根源的な躍動を最 大限に引き出せるから。水中での撮影ですから、被写体は撮影の間、当然、呼吸をしていません。私たちの生 存の術であり、生存の証でもある呼吸。その呼吸にフォーカスをあて、池谷が撮り続けてきた写真シリーズが 『BREATH』です。 私は、究極の肉体表現であるダンスにはこれまでも大変深い共感を持っていました。今回は、モデルがダンサー (舞踏やコンテンポラリー)のものだけをピックアップし、日本でもまだ新しい、ダンサーによる、ダンサーのための プラットフォーム、Dance House 黄金 4422 にて、写真展を行います。 ある意味極限状態において、ただひたすらそこに存在するダンサーの“カラダ”を目の当たりにしたとき、人間が 「生きる」 という根源的な命題に行き着くのかもしれません。。。
Back to Top