TOMOHIDE IKEYA



Exhibition
水龍蛇


7/26 (Fri.) - 8/4 (Sun.)
12:00 - 20:00(入場無料)
Last Day - 18:00 / Closed on 7/29 (月)


Reception Party:7/26 (Fri.) 18:00 - 20:00


TOKYOARTS co.,ltd.
Address   : 2-23-8 Higashi, Shibuya, Tokyo 150-0011 JAPAN
TEL      : +81-3-6427-6665
〒150-0011 東京都渋谷区東2-23-8
03-6427-6665 
info@tokyoarts.com
12:00-20:00 / 月曜日休廊 


 
We are pleased to announce the photo exhibition "Water Dragon Snake" by the photographer  Tomohide Ikeya at the tokyoarts gallery.
Human beings were born and protected in the water (amniotic fluid). About 60% of our bodies are made of water. Water is essential since it was born, and what was the most important thing leads to the faith of the water god. On the other hand, since the time of Jomon, snakes were considered to be the gods of water, or gods themselves. Therefore, it may seem as though it was a chance to have started shooting in the water, but it is also a manifestation of a desire to return in the womb, and his own approach to God may be .


この度、tokyoarts galleryにて、写真家 池谷友秀のPhoto exhibition「水龍蛇」を開催致します。
人間は水の中(羊水)に生まれ、守られてきた。我々の身体もおおよそ6割は水でつくられている。生まれた時から水は必要不可欠であり、最も大切な存在だった事が水神信仰へとつながる。一方で縄文の時代より蛇は水の神の使い、或は神そのものと思われていた。従って、水の中での撮影を始めたのは偶然であるかのように感じているかもしれないが、それは有る意味で胎内回帰願望の現れでもあり、神への彼なりのアプローチかも知れない。
EXHIBITION Japanese Nudes March 15 till September 8, 2019


EXHIBITION

Japanese Nudes


March 15 till September 8, 2019

From 15 March to 8 September Japanese Museum SieboldHuis will present the exhibition ‘Japanese Nude’. This exhibition illustrates the development in Japanese nude photography from the 19thcentury to the present. The works of over 30 top photographers, including Araki Nobuyoshi, Moriyama Daido, Hosoe Eikoh, Izu Kenro and Honjo Koro reveal their artistic vision of nudity. Foreign influence and changing perceptions in Japanese society on gender, nudity and sexuality are on display in over 120 photographs.

Japanmuseum SieboldHuis

Visitors address
Rapenburg 19
2311 GE Leiden

Postaddress

Postbus 11007
2301 EA Leiden
https://www.sieboldhuis.org
Phone: 071-5125539
Fax: 071-5128063
Email: info@sieboldhuis.org

Exhibition "MOON"
 2019 Jan 22(Thu)〜 Feb3(Sun)



Japanese photographer Tomohide Ikeya captures the world in which humans blend with the territory of impenetrable underwater. His magnificent dreamy works, which extend the freedom of expression, are highly acclaimed both domestically and internationally.
The main theme of this exhibition “MOON” is based on an artwork he has been working on since 2009. The exhibition features works, including new ones, that mysteriously express lives floating with an ever-changing flow of time.
Pieces from “WAVE” and “BREATH” series, etc. are also displayed to provide an overview of the scenes of beauty that Tomohide Ikeya eagerly pursued for over 10 years.

Vanilla Gallery
Tosei Bldg.B2F,8-10-7,Ginza,Chuuoh-ku,Tokyo
tel : 03-5568-1233
Email : info@vanilla-gallery.com
http://vanilla-gallery.com 



写真家の池谷友秀は、水中という不可侵領域と溶け合う人間のすがたを捉えた世界を写し出します。その表現の可能性を広げる幻想的で荘厳な作品は、国内外で高く評価を受けています。
今回の展示のメインテーマ「MOON」シリーズは、2009年ころから取り掛かっているアートワークの一つです。刻々と変化していく時間と流れとともに、生命が漂う様子を神秘的に表した新作を含めた作品を展示いたします。
また、展示構成に「WAVE」「BRETH」シリーズなども一部加え、池谷友秀が10年以上に亘り、太極を宿す美の有り様をひたむきに追求した軌跡を、俯瞰してご覧いただけます。

ヴァニラ画廊
〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
tel : 03-5568-1233
Email : info@vanilla-gallery.com
http://vanilla-gallery.com

◆池谷友秀 展覧会記念特別アーティストトーク◆

池谷友秀展「MOON」開催を記念したトークイベントを開催します。
池谷友秀氏のトークのお相手には、池谷作品のモデルも務めた歌手の村田千沙さん、長年に亘り作品モデルのメイクを担当するアートディレクターでありメイクアップアーティストのクワハラヒロト氏をお招きし、クリエーターの視点から、池谷友秀の作品の魅力を読み解きます。また、村田千沙さんのスペシャルミニライブも開催します。
チケットは必ず事前にlive pocketにてご購入ください。

チケット購入

One Art Taipei


19/Jan/2019 〜 1/21

http://onearttaipei.com
preview: 1/18 13:00-15:00
From ELSA ART GALLERY
http://elsaart.com.tw




池谷友秀写真展 『BREATH』

【開催】
12月9日〜12月23日(木、金、土、日の13:00~19:00 OPEN)

【会場】
ダンスハウス黄金4422 3階


国際的に活躍するフォトグラファー・池谷友秀の『BREATH』シリーズが、名古屋に初上陸! 数多くの国内外で活躍するダンサーをモデルとして起用している同シリーズ。
漆黒の世界で、真珠のような水泡を身にまとい、重力から解き放たれた人体が躍動する。。。
シリーズ「BREATH」は、様々な境遇にある人達を、無音で自由のきかない水中で撮影することで、強さや弱さな どの生命力を引き出し、人間の根源に迫るシリーズです。 なぜ水中で撮影をするのかというと、水中では邪念や無駄な動きがはぶかれ、肉体と精神の根源的な躍動を最 大限に引き出せるから。水中での撮影ですから、被写体は撮影の間、当然、呼吸をしていません。私たちの生 存の術であり、生存の証でもある呼吸。その呼吸にフォーカスをあて、池谷が撮り続けてきた写真シリーズが 『BREATH』です。 私は、究極の肉体表現であるダンスにはこれまでも大変深い共感を持っていました。今回は、モデルがダンサー (舞踏やコンテンポラリー)のものだけをピックアップし、日本でもまだ新しい、ダンサーによる、ダンサーのための プラットフォーム、Dance House 黄金 4422 にて、写真展を行います。 ある意味極限状態において、ただひたすらそこに存在するダンサーの“カラダ”を目の当たりにしたとき、人間が 「生きる」 という根源的な命題に行き着くのかもしれません。。。
Back to Top